SEOを意識したtitleタグ等の記載ポイント

ビル

HTMLにおけるSEOの基本として、metadescriptionやtitleタグにそのサイトの概要を記述するというのは定石ですが、ここでいくつか気をつけるべきポイントがあります。
まず、これらはページごとに別の内容を記述するということです。
これはテンプレートをそのまま使用して作成されたサイトに見られがちなのですが、metadescriptionやtitleタグの内容がどれも同じだと検索エンジンでヒットした際にそのサイトの別ページ同士の要約文が同じになってしまうためユーザが行きたいページを判断しづらくなるからです。
また、これらには文字数も考える必要があります。
例えば一般的な検索エンジンに表示される文字数上限からmetadescriptionに記述する内容は100文字、titleタグは30文字を目安と考えましょう。
この際そのサイトで強調したいキーワードを散りばめるのはもちろんですが、なるべく前の方で使うのがSEOのポイントです。
何故なら、スマートホンであればmetadescriptionはパソコンの半分程度しか表示されないため後半にキーワードを詰めてもユーザーが目視できないからです。